東京都

歌川国芳 ―父の画業と娘たち

近年、人気が急上昇している歌川国芳。水滸伝の豪傑や巨大な骸骨を描いた迫力あふれる武者絵や、西洋画の表現を取り入れた風景画、さらにはユーモアたっぷりな筆致で描いた戯画など、代表作を含めた約80点の作品を紹介。年代順に紹介することで、国芳の画業の変遷を、時代背景と共に鑑賞することができる。
また、浮世絵師の娘と言えば、葛飾北斎の娘である葛飾応為(お栄)が有名だろう。しかしながら、浮世絵師の娘が絵師の仕事をしているというのは、応為だけではない。実は、歌川国芳には2人の娘がおり、それぞれ芳鳥、芳女という画号で浮世絵を描く仕事をしていた。残された点数はわずかだが、2人の娘たちの画業についても紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.042019.10.27
  • 会場

  • 観覧料金

    一般700円、大高生500円、中学生以下無料

    ※中学生以上の学生は学生証を要提示
    ※団体(10名以上)は1名さまあたり100円引き
    ※障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引き
    ※その他各種割引については要問合せ

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    10月7日、10月15日、10月21日

  • 開館時間

    10:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る