東京都

秋の優品展 筆墨の躍動

館蔵品の中から、水墨画や墨跡、近代の書画を中心に、日本・中国の名品約40点を展示。古くより連綿と受けつがれてきた筆墨表現のうち、人々の目に驚きと彩りを与えた躍動感ある作品に注目。紙絹を舞台に心の趣くまま展開された、即興の妙を紹介する(会期中一部展示替あり)。館蔵の日本陶磁も同時公開。

開催概要

  • 会期

    2019.08.312019.10.20
  • 会場

    五島美術館
    http://www.gotoh-museum.or.jp/
    世田谷区上野毛3-9-25
  • 観覧料金

    一般1000円、高・大学生700円、中学生以下無料

    ※団体20名以上1人800円
    ※障害者手帳をお持ちの方ならびに介助者の方1名は200円引
    ※入園のみ(展覧会を鑑賞しない場合)は1人300円(中学生以下無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    五島美術館
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

名物裂と古渡り更紗

本展は、静嘉堂では初めての、“染織”をテーマとした展覧会。わが国特有の発達をみせた茶の湯文化、そして文人の嗜みとして流行した煎茶文化の世界では、中国をはじめ海外から広く舶載された文物を用い、大切に伝えてきた。その内には「

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る