東京都

ゴッホ展(東京展)

公式サイト

豊かな表現力と鮮やかな色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。彼が画家として独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの出会いがあった。本展では、彼に影響を与えた画家たちの作品を交えながらゴッホの画業の変遷をたどり、ゴッホが後期印象派を代表する画家の一人になるまでを紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.112020.01.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,800(1,600)円、大学・専門学校・高校生1,600(1,400)円、小中学生1,000(800)円

    ※( )内は前売および20名以上の団体割引料金
    ※未就学児は無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方とお付き添いの方1名は無料(要証明書提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    産経新聞社、BS日テレ、WOWOW、ソニー・ミュージックエンタテインメント、上野の森美術館
  • 休館日

    12月31日、2020年1月1日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金曜・土曜は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

凹凸に降る ―ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019年冬の企画展― 小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、浜口陽三 

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」とは小説『星の王子様』の一節。本展では、はっきりと形をとらない大切なものを、てのひらにさぐり、凹凸のあわいを模索する三人の現代作家を紹介する。 スクリーンプリントを刷り重ね、観念

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る