東京都

チェコ・デザイン 100年の旅(東京展)

チェコ共和国と日本の関係は、オーストリア=ハンガリー帝国の一部であった時代から、二つの大戦を挟んで現在に至るまで意外に深いものがある。後に初代大統領となったトマーシュ・G・マサリクがチェコスロヴァキアとして1918年に独立宣言をしてから、2018年で 100年となった。本展は、アール・ヌーヴォーから、チェコ・キュビスム、アール・デコ、さらに現在に至るプロダクト・デザイン、玩具やアニメまでを含む、独立前夜からほぼ100年のデザイン約250点を、時代を追って紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.09.142019.11.10
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1100円(900円)、65歳以上900円(700円)、大高生800円(600円)、中小生500円(300円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
    ※リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券提示で2回目以降は団体料金にて観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

凹凸に降る ―ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019年冬の企画展― 小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、浜口陽三 

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」とは小説『星の王子様』の一節。本展では、はっきりと形をとらない大切なものを、てのひらにさぐり、凹凸のあわいを模索する三人の現代作家を紹介する。 スクリーンプリントを刷り重ね、観念

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る