東京都

アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」

およそ1910~60年頃にかけて、日本の知識人、美術愛好家、美術作家たちがアジアの古典美術に憧れた時期があった。唐物趣味は日本の伝統だとはいえ、このときのアジア熱は別格であった。
朝鮮半島や中国から、考古遺物や古美術が日本に輸入されると、それらは実業家たちによって競うように蒐集された。平壌では漢代の楽浪漆器が発掘され、河北省では磁州窯や定窯が調査される。そして息を呑むような伝世品(殷の青銅器、唐三彩・宋磁・元の染付・明の赤絵、煎茶で愛好された籐籠、李朝白磁など)が輸入された。それらを目の当たりにした画家や工芸家たちは、創造の翼をアジアへと羽ばたかせていく。
さらに画家たちは、大同で雲岡石仏を見て、飛鳥仏との繋がりに想いを馳せた。流行のチャイナドレスにも目を留め、アジアの新しい息吹も掬すくいとっていった。
アジアへの憧れは、1960年頃に表舞台からフェードアウトするが、その後どのように深化されているのか、日本人作家の作品を通して検証する。新館ギャラリーでは、3人の現代作家による、「幻想のアジア」と題したアジアをイメージした作品を展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.122020.01.13
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般1,000円、大学生(専修・各種専門学校含む)800円、中学生・高校生・65歳以上500円
    前売・団体=一般800円、大学生(専修・各種専門学校含む)640円、中学生・高校生・65歳以上400円

    ※団体は20名以上
    ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
    ※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
  • 休館日

    第2・第4水曜日、12月28日~2020年1月4日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※11月22日、11月23日、11月29日、11月30日、12月6日、12月7日は夜間開館のため20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

不思議の国のアリス展(神奈川展)

『不思議の国のアリス』は、初めて出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語。すでに170を超える言語に翻訳され、発行部数は1億部とも言われる世界的ベストセラーになっている。 本

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る