千葉県

描く、そして現れる ―画家が彫刻を作るとき

20世紀以降のすぐれた画家たちの中には、ジャンルを横断し、斬新な立体作品を制作した作家たちがいた。従来の方法にとらわれない画家ならではの視点が、20世紀の彫刻の歴史を更新したともいえるだろう。
本展では、画家の平面と立体の作品を並べて展覧し、国内外の25人の画家たちが、カンヴァスから踏み出して試みた実験を約80点の作品で紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.09.142019.12.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円(1100円)、学生・65歳以上1100円(900円)、小中学生・高校生600円(500円)

    ※障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名まで同料金)一般1000円、学生・65歳以上800円、小中学生・高校生400円
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※各種割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要
    ※本チケットでコレクション展示も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    DIC株式会社
  • 休館日

    月曜(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る