栃木県

―生誕100年記念― 島岡達三の仕事

栃木県益子町を拠点に活躍し、1996年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された陶芸家・島岡達三(1919~2007)。 島岡の生誕100年を記念し、本展では作家の初期作品や益子町文化財指定作品など、島岡家のコレクションの優品や同館所蔵作品を軸にしてその作品世界を紹介する。 島岡の代表的な技法である〈縄文象嵌〉に焦点を当て、ヴァリエーション豊かな意匠を紹介するとともに、朝鮮陶磁への憧れなど島岡のやきものに対する想いの原点を見つめる。

開催概要

  • 会期

    2019.07.112019.10.06
  • 会場

  • 観覧料金

    大人600円(550円)、小中学生300円(250円)

    ※( )内は20名以上の団体
    ※65歳以上は300円(要証明)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    益子町文化のまちづくり実行委員会、益子陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日(祝休日の場合は翌日)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

夏季展 大名調度を彩るデザインの世界

大名美術入門PartⅡとして大名調度や装束をデザインから読み解く! 肥後細川家に伝わる美術工芸品は、四季折々の風物、愛らしい動物、人物、文学モチーフなど、さまざまなデザインで溢れている。それらは、視覚的な楽しさをもたらす

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る