栃木県

水木しげる 魂の漫画展(栃木展)

『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる日本漫画界の鬼才水木しげる(本名:武良 茂、1922-2015)。
彼は鳥取県境港で過ごした少年時代に、”のんのんばあ”に連れられてみた正福寺所蔵の 「地獄極楽絵図」に心を奪われて以来、生涯に渡って不思議な世界を探求・表現し続けた。
激戦地ラパウルで生死の境をさまよい片腕を失い、極貧時代を乗り越え、独自の漫画表現に到達した水木の画業を300点あまりの漫画原稿や原画、愛用の道具、多彩な映像資料で紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.07.282019.09.23
  • 会場

    宇都宮美術館
    http://u-moa.jp/
    宇都宮市長岡町1077
  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、大学生・高校生800円(640円)、中学生・小学生600円(480円)

    ※( )は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
    ※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
    ※毎月第3日曜日(8月18日、9月15日)は「家庭の日」により、高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    宇都宮美術館、下野新聞社
  • 休館日

    月曜日(8月12日、9月16日、9月23日は開館)、8月13日、9月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る