東京都

生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

2019年は初代歌川豊国(1769~1825)の生誕250年にあたる。歌川豊国は歌川派の開祖豊春に入門し、寛政時代(1789~1801)に東洲斎写楽、勝川春英らと役者絵の分野で競った。豊国の透明感のある爽やかな画風は、「あまりに真を描かんとて」と当時評された東洲斎写楽を退け、役者絵の世界を席巻した。豊国は美人画でも、人気絵師である喜多川歌麿に挑み、歌麿の描く艷やかな女性とは異なる、健康的で柔らかな雰囲気の女性を描いて人気となった。また読本や合巻といった版本挿絵の世界では、葛飾北斎とも人気の上で互角に渡り合い、精力的に作品を生み出している。
さまざまなジャンルの第一線で作品を描き続けた豊国のもとには、才能あふれる若い絵師たちが集まり、幕末に歌川派が浮世絵の最大流派となる礎となった。豊国は近年人気の高い歌川国芳、歌川国貞の師匠としても、浮世絵史上に重要な意味を持つ絵師だが、これまでその画業全体を紹介する展覧会はほとんど行われてこなかった。本展は、豊国の作品を幅広く紹介し、その魅力に迫る回顧展である。
※9月16日より一部の作品入れ替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.09.032019.09.29
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、大高生700円、中学生以下無料

    ※中学生以上の学生は学生証要提示
    ※団体(10名以上)は1名あたり100円引
    ※障害者手帳提示で本人とお付き添い1名100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    太田記念美術館
  • 休館日

    9月9日、9月17日、9月24日

  • 開館時間

    10:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

吉村芳生展

写真と見間違えるほどに克明に描かれた細密描写で知られる吉村芳生(1950-2013、防府市出身)。鉛筆で一日の新聞を丸ごと等身大で写し取った初期作品や後期の色鉛筆による花の作品など、その画業を同館のコレクションによって紹

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る