東京都

リニューアル記念特別展 「桃源郷展ー蕪村・呉春が夢みたもの―」

公式サイト

本展では、新収品の呉春筆「武陵桃源図屏風」(江戸時代・18世紀)を本邦初公開し、本作の創作の原点となった呉春の師・与謝蕪村の筆になる一連の桃源郷作品へのオマージュ、そして呉春自身の画業における本作品の位置づけに着目。これらに関連の深い作品の展観を通じて、蕪村の中国文化に向けた詩情や桃源郷への憧れが呉春に受け継がれ、やがて独自の様式の中に昇華される軌跡をたどる。
「大倉集古館名品展」も同時開催。

開催概要

  • 会期

    2019.09.122019.11.17
  • 会場

    大倉集古館
    http://www.shukokan.org/
    東京都港区虎ノ門2-10-3(オークラ東京本館正面玄関前)
  • 観覧料金

    一般1300円、大学生・高校生1000円

    ※各種優待料金については要問合せ

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 大倉文化財団 大倉集古館
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る