山形県

生誕110年 土門拳 鬼が撮った日本

土門拳と写真の出会いは24歳のとき、母親のすすめで上野の営業写真館で働き始めたことがきっかけだった。報道写真家こそ自分の目指す道と確信した土門は、昭和10(1935)年、名取洋之助主宰の日本工房に入社。対外宣伝雑誌『NIPPON』の仕事で日本の文化を撮影した。
戦後にリアリズム写真を提唱した土門は、数多くのテーマに取り組み、膨大な数の作品をのこす。
長期構想の末に完成させた「風貌」、ライフワークである「古寺巡礼」「室生寺」、社会に訴えかけるルポルタージュの傑作「ヒロシマ」「筑豊のこどもたち」などよく知られたテーマはもちろん、ヌードを含む組写真など一風変わった撮影にも挑んだ土門。日本の美を追い求め続け、「写真の鬼」と呼ばれた彼の根底には「撮りたいものだけを撮る」という確固たる信念があった。
生誕110年をむかえた今年、土門拳とはどのような人物だったのか、その作品からあらためて生涯をたどる。

開催概要

  • 会期

    2019.07.192019.09.23
  • 会場

    土門拳記念館
    http://www.domonken-kinenkan.jp/
    酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
  • 観覧料金

    一般800円(650円)、高校・大学生400円(300円)、中学生以下無料

    ※障がい者手帳をお持ちの方は入館料が半額(同伴の方も割引になる場合あり、要問合せ)
    ※20名以上の団体の方は( )内の料金

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る