宮城県

ストラスブール美術館展(宮城展)

ドイツの国境近く、フランス北東部アルザス地方の中心地ストラスブールは、10館にも及ぶ美術館、博物館を擁し、多岐にわたる優れたコレクションを所蔵している。中でも1998年に開館したストラスブール近現代美術館は、印象派から現代美術までを網羅した18,000点に及ぶコレクションを誇り、フランス国内でも屈指の美術館として知られている。
本展では、ストラスブール近現代美術館の多彩な作品によって、印象派の画家から20世紀美術の開拓者まで、近現代美術の流れを辿る。
モネ、シスレーなどの印象派の画家たちが描いた風景。ゴーギャンやシニャックといった印象派以降の画家たちの色彩とタッチの変化。ロダン、カリエール、そしてローランサン、ピカソといった画家たちの個性豊かな表現。そして、キュビスム、抽象、シュルレアリスムなど、印象派からモダンアートへの展開をさまざまな視点で紹介する。
西洋近代美術史を語る上では欠かせない画家から、アルザス地方ゆかりの画家まで、ストラスブールからやってきた名品の数々を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.09.132019.11.04
  • 会場

    宮城県美術館
    http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
    仙台市青葉区川内元支倉34-1
  • 観覧料金

    前売・団体=一般1300円、学生1100円、小中高生600円
    当日=一般1500円、学生1300円、小中高生750円

    ※団体は20名以上

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    宮城県美術館、河北新報社、KHB東日本放送
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る