岩手県

紅子と省三 ―絵かき夫婦の70年―

盛岡市出身の深澤省三と紅子夫妻は、ともに東京の美術学校に学び、若くして同地で活躍した洋画家。1947(昭和22)年に帰郷すると、子どものための図画教室を開設したほか、岩手美術研究所で後進の指導にあたるなど、戦後岩手の芸術振興へ大きな貢献を果たしたことでも知られる。今なお岩手の人々に愛され、その指導下から多くの美術家を輩出した省三と紅子の作品世界をご紹介する本展では、最初期の本格的女流画家として活躍した紅子による、モダンな女性像や野の花をテーマとした華やかな作品や、児童雑誌『赤い鳥』に寄せた省三の童画、また戦中に省三が従軍画家として滞在したモンゴルでの貴重なスケッチなど約160点を展示し、ふたりの多彩な仕事を紹介する。岩手の近代美術において、この絵かき夫婦が果たした役割について再考するこの機会に、初公開作品を含む優品の数々を堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.09.142019.11.10
  • 会場

    岩手県立美術館
    http://www.ima.or.jp/
    盛岡市本宮字松幅12-3
  • 観覧料金

    前売=一般800円、高校生・学生500円、小学生・中学生300円
    当日=一般1000円、高校生・学生600円、小学生・中学生400円

    ※20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧可
    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額
    ※生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧可
    ※企画展観覧券で常設展も観覧可(10月22日(火・祝)~10月25日(金)は展示替えのため常設展は閉室)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※10月11日(金)は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

素描礼讃 岸田劉生と木村荘八

笠間日動美術館、うらわ美術館、小杉放菴記念日光美術館が所蔵する岸田劉生、木村荘八の素描やペン画、淡彩画を中心にその魅力を紹介。互いに著名な父を持ち、銀座、日本橋両国という商業の中心地で生まれ育った二人の交流と二人の生きた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る