東京都

美ら島からの染と織─色と文様のマジック

沖縄は明治時代以前には琉球王国として栄え、そこでは独自の染織文化が花開いた。本展では、紅型をはじめとする、最高の質を誇る国宝の琉球国王尚家伝来の染織品を中心に、芭蕉布、上布などの優品を展示し、同地で発達した高度な染織文化をご紹介する。
また紅型の道具や文様見本帖などによってその技法の一端にふれ、染織文化への理解を深めてもらう。そして、今日までこうした技術が伝承されてきていることをふまえ、人間国宝の作家らによる現代の最高峰の諸作品により、沖縄の染織の現状もあわせて展覧する。
本展覧会は、沖縄県立博物館・美術館、一般財団法人沖縄美ら島財団および那覇市歴史博物館の全面的な協力とそのコレクションにより構成。通常の展覧会では国内各所からの出品が多いなか、本展覧会の出品はすべて制作地に直接由来する沖縄からのものであり、この点が大きな特色となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.08.102019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)

    ※( )内は10名以上の団体料金および渋谷区民の入館料金
    ※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
    ※毎週金曜日は渋谷区民無料
    ※障がい者および付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    渋谷区立松濤美術館
  • 休館日

    月曜日(8月12日、9月16日、9月23日は開館)、8月13日、9月17日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

憧れの欧米への旅 竹久夢二展

抒情的な美人を描き出し、大正時代に一世を風靡した竹久夢二(1884-1934)。その仕事は多岐にわたり、絵画としては日本画、油彩画、水彩画、版画といったジャンルをまたいで制作したほか、詩や童謡も創作し、封筒や絵葉書などの

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る