東京都

夏季展 大名調度を彩るデザインの世界

公式サイト

大名美術入門PartⅡとして大名調度や装束をデザインから読み解く!
肥後細川家に伝わる美術工芸品は、四季折々の風物、愛らしい動物、人物、文学モチーフなど、さまざまなデザインで溢れている。それらは、視覚的な楽しさをもたらすだけでなく、何かを暗示したり、ある願いが込められていたりするものが少なくない。本展では、永青文庫が所蔵する屏風や、文房具を中心とした漆工品、刀装具などを通して、そうした豊富な文様・デザインの世界を紹介する。
また、本年は、永青文庫の設立者であり「美術の殿様」とも呼ばれた細川護立の母・宏子(1851~1919)の没後100年にあたる。この節目の年に、佐賀藩鍋島家から14代細川護久のもとへ嫁いできた宏子が、婚礼の際に着用したと考えられる打掛や、刺繍による華やかな文様の小袖などもあわせて展示。
昨年に続く入門編の展覧会。この機会に、お殿さまやお姫さまの暮らしを彩っていた調度類や装束をより身近に感じていただけたら幸いだ。

開催概要

  • 会期

    2019.08.312019.10.09
  • 会場

    永青文庫
    http://www.eiseibunko.com/
    文京区目白台1-1-1
  • 観覧料金

    一般800円(700円)、シニア(70歳以上)600円(500円)、大学・高校生400円

    ※(  )内は10名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳提示の方及びその介助者(1名)は無料
    ※別館サロンは別途200円(不定休)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    永青文庫美術館
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日は開館)9月17日、9月24日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る