東京都

館蔵品展 アヴァンギャルド画家たちの東京

板橋区立美術館では、ヨーロッパから紹介されたフォービスムやシュルレアリスムに影響を受けた戦前の作品、戦後のルポルタージュ絵画など、アヴァンギャルドに分類される作品を数多く所蔵している。今回は、これらの作品を「東京」を切り口に紹介する。
明治以降の東京には、美術学校や画塾、美術館、画廊が集中し、画家、画学生、美術愛好家も集まり、芸術の中心地になった。また、東京は画家たちの創作意欲を掻き立てる場所でもあったのだ。長谷川利行は、東京の各地を放浪し、浅草、銀座、新宿などの街の喧噪を繰り返し描いた。《水泳場》は、関東大震災の復興のために隅田公園に作られたプールが舞台となっている。荒い筆使い、鮮やかな色彩で描かれたこの作品からはプール遊びに興じる人々の歓声が聞こえてきそうだ。また、アメリカ帰りの画家、野田英夫は東京の街を興味深く観察していく。《上野山下風景》には、上野駅前をリヤカー、自転車、自動車など様々な手段で通りを行き交う人々の一瞬の姿が捉えられている。
画廊の街、銀座では画家たちが結成したグループの展覧会も盛んであった。1930年代中頃には、若手画家や学生たちがシュルレアリスムに影響を受けた作品を競うように発表している。しかし、太平洋戦争開戦の頃からシュルレアリスムは弾圧を受けるようになり、自由な発表が困難になっていった。そのような状況の中、松本竣介や麻生三郎、井上長三郎らにより結成された「新人画会」の銀座で開かれた展覧会には戦争とは直接に関わりのない、日常を描いた作品が展示された。出品作のひとつ、麻生三郎の《女》は、灯火管制の下、池袋モンパルナスのアトリエで妻をモデルに描いたものである。この作品からは戦争による緊迫した状況とその中でも描こうとする画家の強い意志が感じられる。
戦後の東京では、急激に変貌を遂げる街の姿や各地での基地闘争、労働問題などを表現豊かに描いた作品が発表された。中村宏の《血井(Ⅰ)》は、溢れ出るトイレに都市機能がパンクした危機的な状況を重ね合わせているようである。赤一色で描かれたトイレからは、見慣れた日常に潜む闇が見え隠れしている。
本展では、戦前、戦中、戦後と東京を描き、東京で描かれた作品から画家の思想に迫る。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る