東京都

生誕100年 藤本能道 ― 生命を描いた陶芸家

藤本は陸軍中将の祖父、大蔵省書記官の父をもつ家に生まれながら芸術の道を志し、やがて陶芸家として色絵磁器の技を極め、現代陶芸の世界に大きな足跡を残した。同館の創立者、菊池智(1923-2016)は同時代に作られる陶芸を精力的に見続け、作家との交流を楽しんだが、なかでも最も集中して集めたのが、藤本の色絵磁器の作品だった。1992 年には作家の生前最後の個展が同館の立つ西久保ビル敷地内にて開催され、最晩年の一連の作品がここで発表された。こうした縁により菊池コレクションには、藤本が色絵磁器に専心する1970年代から最晩年の90年代までの、質量ともに充実した作品群が収蔵されている。本展では、色絵磁器以前の初期作品から各時期の作品を並べ、創作の深まりと、藤本の色絵表現の到達点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.08.032019.12.01
  • 会場

    菊池寛実記念 智美術館
    http://www.musee-tomo.or.jp
    港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
  • 観覧料金

    一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円

    ※未就学児は無料
    ※障害者手帳ご提示の方(介護者の必要な方は1名迄)は通常観覧料の半額
    ※リピート割引:会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示で300円割引(他の割引と併用不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(8/12、9/16、9/23、10/14、11/4 は開館)、8/13(火)、9/17(火)、9/24(火)、10/15(火)、11/5(火)

  • 開館時間

    11:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る