東京都

真夏のサクランボは闇に輝く。―浜口陽三 夏の版画展―

浜口陽三(1909-2000)は、20 世紀を代表する版画家の 1 人。1950 年代にフランスに渡り、カラーメゾチントという新しい銅版画の技法を編み出し、世界的に活躍した。観る人がすっと包み込まれるような、静謐さをたたえた作品は今でも世界中に知られている。
本展では浜口の作品のなかでも数多く登場する「さくらんぼ」を中心に銅版画やリトグラフを展示。今回、作品の世界を身近に感じてもらえるように、いつもとちがう空間演出をした。額から飛び出したさくらんぼがいっぱい。
会期中 SNS で話題となったアート作品「Movement act」を実演。16 個の玉が織りなす摩訶不思議な世界を堪能してほしい。他にも期間限定のカクテルBarや銅版画ワークショップなど、ふらっと立ち寄るだけでも楽しめる企画が目白押し!

開催概要

  • 会期

    2019.07.242019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    大人600円、大学・高校生400円、小中学生無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(8月12日、9月16日、9月23日は開館)、8月13日、9月17日

  • 開館時間

    11:00〜17:00 ※土日祝は10:00開館 ※7月、8月の第1、第3金曜日は20:00まで ※9月は毎週水、金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る