富山県

「日本の美 美術×デザイン」 -琳派、浮世絵版画から現代へ-

日本美術の大きな特徴のひとつに装飾性がある。琳派の流れは、自然の豊かさをモチーフとし、きらめく金銀の「かざりの美」と洗練されたデザイン性により、絵画・工芸のジャンルを越えて人々に愛されてきた。
また、江戸時代に人々を魅了した浮世絵版画は、古今東西の表現を柔軟に取り入れたもの。大胆な構図や色彩といったデザイン感覚に富む表現は、19世紀ヨーロッパで印象派の画家たちを魅了し、今なお高い人気を誇っている。
明治以降、「絵画」と「図案・デザイン」は区分されるようになったが、日本美術の装飾性は多様なジャンルに浸透し、現代でも多くのアーティストやデザイナーに受け継がれている。
本展では、日本の美術にみる装飾性・デザイン性に着目し、琳派、浮世絵版画から現代絵画、ポスターまで、その多様な美の様相を紹介する。
※作品保護のため、会期中に複数回の展示替えあり
前期:8月10日(土)~9月16日(月・祝)/後期:9月21日(土)~ 10月20日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.08.102019.10.20
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円(1000)円、大学生650円(500円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※企画展入場当日に限り、コレクション展も観覧可
    ※次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
     ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
     ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
     ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
    ※本展を2回以降ご鑑賞の方は、本企画展利用済みの有料観覧券の半券を、1階受付でご提示くださると団体料金で観覧可
    ※「リピーター割」や「クマ割」を実施中
    【リピーター割】
    当館の企画展有料観覧券、使用済み半券3枚をお持ちいただくと、招待券1枚と引き換えいたします。
    ・特典の対象となるのは「デザインあ展」の観覧券からです。
    ・前売券、団体券、あるいは同じ企画展の半券も有効です。
    ・招待券、あるいは一般券と大学生券の組み合わせは対象となりません。
    【クマ割】
    三沢厚彦さんのクマの彫刻にちなみ、クマのグッズや、クマの絵柄の入ったものを持参、もしくは着用された方への割引です。観覧料:一般 1,300円→1,000円 大学生 650円→500円
    *詳しくは1階総合受付でお尋ね下さい。

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    富山県美術館、北日本新聞社、北日本放送
  • 休館日

    水曜日、祝日の翌日、9月17日~9月20日

    ※8月12日~8月14日、9月4日、10月16日は開館

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る