静岡県

高木公史展 プレゼンス・存在 等身大以上で描かれた鉛筆-油彩細密画の世界

高木公史(1959年生まれ)は、東京藝術大学卒業後、ドイツに渡り、以来30余年ドイツ、スペインを中心に高く評価された。日本では2017年に永井画廊で実質デビュー展を開催、大きな話題となった。深い洞察と鋭いデッサン力から生まれる鉛筆、油彩による肖像画、人物画、風景画は、すでに日本でも多くのファンの心を掴んでいる。
本展では、芸術家ポートレート13点をはじめ、油彩画、鉛筆画39点、計52点を展示。等身大以上で描かれた鉛筆・油彩細密画の世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

no image

奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻

岩佐又兵衛勝以(1578~1650)は、豊かな頬と長い頤の人物表現や大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡し、後の画界に大きな影響を与えた。 山中常盤物語絵巻は義経伝説に基づく御伽草紙系の物語で、義経の母・常

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る