静岡県

暮らしを彩る―芹沢銈介の生活デザイン―

芹沢銈介は暮らしにとけ込み、暮らしを彩る品々の制作を常に心がけてきた。のれん、着物などはもちろんのこと、本、カレンダー、うちわ、扇子、年賀状、クリスマスカード、包装紙、マッチ、酒瓶のラベルなど、多彩な品々を手掛け、型染による温かみのある生活デザインを人々の暮らしに届けた。芹沢のデザインは型染にとどまらず、家具や木工、樺細工、花筵(はなむしろ)、緞通(だんつう)などに及び、また店舗の装飾や緞帳(どんちょう)、建築、ステンドグラスのデザインなども手掛けている。
本展覧会では、500点という資料を通じて、暮らしを見つめ続けたデザイナ―芹沢銈介の足跡を楽しむことができる、芹沢ファン必見の展覧会だ。

開催概要

  • 会期

    2019.07.142019.11.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般420円、高校生・大学生250円、小学生・中学生100円、未就学児無料

    ※団体割引30名以上50円引き、小中学生は20円引き
    ※静岡市内に在住または静岡市内の小・中学校に在学中の小・中学生無料
    ※市内在住の70歳以上の方、各障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡市立芹沢銈介美術館
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、7月16日、8月13日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    09:00〜16:30 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る