東京都

しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ

東京都写真美術館では、日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの同時代美術を、女性作家と映像表現のあり方に注目して紹介する展覧会を開催。20世紀ポーランドの美術史・映像史は、多くの男性たちの名によって語られてきた。しかし、ベルリンの壁崩壊後いっきに東側に流れ込んできたグローバル経済の波に参画し、EU加盟も果たした21世紀のポーランドにおいて、女性たちによる多くの表現が、特に映像領域で存在感を放っている。同時に、これまで十分に語られてこなかった前世紀における女性作家による映像表現の先駆例について再検証しようという流れが生まれている。 本展は、ポーランド同時代美術の歩みを、その時代背景をふまえながら新たな視点で読み解くとともに、世代を異にするアーティストたちが、自身のおかれた社会環境を見つめ、それぞれの表現方法で発信する術をいかに見出してきたかをたどる、きわめて意欲的な展覧会である。

開催概要

  • 会期

    2019.08.142019.10.14
  • 会場

    東京都写真美術館
    http://topmuseum.jp/
    目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
  • 観覧料金

    一般500(400)円、学生400(320)円、中高生・65歳以上250(200)円

    ※( )は20名以上団体、同館の映画鑑賞券提示者、各種カード会員割引
    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料
    ※同館年間パスポート提示者無料(同伴の方1名様まで無料)
    ※8月15日~8月30日の木曜・金曜(17:00~21:00)はサマーナイト・ミュージアム割引(学生・中高生無料、一般・65歳以上は団体料金)
    ※各種割引の併用不可

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※木曜・金曜は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る