東京都

話しているのは誰? 現代美術に潜む文学

国内外で活躍する日本の現代美術家6名によるグループ展を開催する。本展に参加する6名の作家は1950年代から1980年代生まれまでと幅広く、表現方法も映像や写真を用いたインスタレーションをはじめとして多岐にわたっている。これら作家に共通するのは、作品のうちに文学の要素が色濃く反映されていることである。
古代ローマの詩人ホラティウスが『詩論』で記した「詩は絵のごとく」という一節は、詩と絵画という芸術ジャンルに密接な関係を認める拠り所として頻繁に援用されてきた。以来、詩や文学のような言語芸術と、絵画や彫刻のような視覚芸術との類縁関係を巡る議論は、さまざまな時代と場所で繰り広げられてきた。
展覧会タイトルが示唆するように、本展では文学をテーマに掲げている。だが、ここでの文学は、一般に芸術ジャンル上で分類される文学、つまり書物の形態をとる文学作品だけを示すわけではない。現代美術において、文学はこうした芸術ジャンルに基づく区別とは違ったかたちで表れているように思われる。日本の現代美術における文学のさまざまな表れ方を経験できるだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.08.282019.11.11
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般800円、大学生300円
    当日=一般1,000円、大学生500円

    ※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
    ※障害者手帳を持参で(付添の方1名を含む)入場無料
    ※11月3日(日)は「文化の日」につき入場無料
    ※前売券は8月27日(火)まで販売

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立新美術館
  • 休館日

    火曜日(10月22日は開館)、10月23日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※8~9月の金曜・土曜は21:00まで、10~11月の金曜・土曜は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る