東京都

没後90年記念 岸田劉生展(東京展)

日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在である画家・岸田劉生(1891-1929)の没後90年を記念する展覧会。
岸田吟香を父として東京・銀座に生まれた劉生は、父の死後、キリスト教会の牧師を志すが、独学で水彩画を制作するなかで、画家になることを勧められて、黒川清輝の主宰する白馬会葵橋洋画研究所で本格的に油彩画を学ぶ。
そして、雑誌に紹介された後期印象派の画家たち(ゴッホ、ゴーギャン、マチスなど)を知り、「第二の誕生」と自ら呼ぶほどの衝撃を受ける。
1912年には、斎藤与里、高村光太郎、萬鐵五郎らとともに、ヒユウザン会を結成、強烈な色彩と筆致による油彩画を発表する。しかし、画家としての自己の道を探究するために、「近代的傾向…離れ」に踏み出し、徹底した細密描写による写実表現を突きつめた先に、ミケランジェロやデューラーなど西洋古典絵画を発見して、「クラシックの感化」を受けた独創的な画風を確立する。
1915年には、木村荘八、椿貞雄らとともに草土社を結成、若い画家たちに圧倒的な影響を与えた。最愛の娘・麗子の誕生とともに、自己のなかの「内なる美」で満たされた究極の写実による油彩画に取り組む。その後、素描や水彩画の直截な表現のなかに「写実の欠除」の意義を見出すとともに、関東大震災より京都に移住した頃から、東洋美術(宋元院体画、浮世絵など)に特有の写実表現のなかに「卑近の美」を発見して、日本画にも真剣に取り組んだ。
しかし、鎌倉に転居して、再び油彩画に新たな道を探究しはじめた1929年、満洲旅行から帰国直後に体調を壊して、山口県の徳山において客死した。享年38歳だった。
本展では、岸田劉生の絵画の道において、道標となる作品を選び、会期中150点以上の作品を基本的に制作年代順に展示することで、その変転を繰り返した人生の歩みとともに、画家・岸田劉生の芸術を顕彰しようとするものである。
※会期中一部展示替えあり
前期:8月31日(土)~9月23日(月・祝)/後期:9月25日(水)~10月20日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.08.312019.10.20
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般900円、高校・大学生700円
    当日=一般1100円、高校・大学生900円

    ※中学生以下無料
    ※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
    ※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引(介添者1名は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、東京新聞
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日は開館)、9月17日、9月24日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る