静岡県

奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻

岩佐又兵衛勝以(1578~1650)は、豊かな頬と長い頤の人物表現や大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡し、後の画界に大きな影響を与えた。
山中常盤物語絵巻は義経伝説に基づく御伽草紙系の物語で、義経の母・常磐の敵討ちを題材とした作品。本作品は、又兵衛が描いたといわれる絵巻群の中で、最も生気あふれる力強い作風で、又兵衛自身の関与が最も高いと考えられている。全12巻あわせると150mを超える長大な絵巻で、本展では、山中常盤物語絵巻全巻を一堂に展観し、又兵衛絵巻の魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.08.312019.09.24
  • 会場

    MOA美術館
    http://www.moaart.or.jp/
    熱海市桃山町26-2
  • 観覧料金

    一般1600円(1300円)、高大生1000円(700円)、中学生以下無料、シニア割引1400円、障害者割引800円

    ※ ( )内は10名以上の団体料金
    ※ 各種割引の併用不可
    ※ 高大生の方は入館の際、身分を証明できるもの提示
    ※ シニア割引の適用は65歳以上となります(証明できるものを提示)
    ※ 障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名(証明できるものを提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    木曜日(祝休日の場合は開館)

  • 開館時間

    09:30〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る