愛知県

企画展「平面→立体→カラクリ展 ―秋山泰計の世界―」

本展は、平面である紙素材から立体が生まれ、カラクリへと展開する過程や、手を使ってつくる「ものづくり」の基本的要素を楽しく学ぶ企画展。デザインと遊びをテーマにした秋山泰計の作品は、実際に手にして動かすことで驚きと笑顔をもたらす芸術作品だ。その中でも、「おびからくり」は、デザインの分野に遊びと造形に必要な空間認識力や数学的知識が盛り込まれている。
昭和2年(1927)香川県高松市に生まれた秋山氏は、昭和31年(1956)に東京芸術大学彫刻科を卒業してすぐに、ブラジルのサンパウロに移住。そこで、日本では見られないほど大きな合板を見つけ、版木として用いることを思いつき、大学で学んだ彫刻に技術を活かした木版画制作に取り組む。6年間のブラジル生活の後、昭和38年(1963)から7年間は高松工芸高校デザイン科で教員として指導にあたった。その実習課題を考える際に、日本の伝統工芸品である「パタパタ」や「板返し」と呼ばれる平面的なカラクリ玩具を立体的に応用した「おびからくり」を考案した。
遊び心が詰め込まれた構成の版画や、人を驚かせたり楽しませたりする色彩豊かなおびからくりなど、秋山泰計の表現する不思議な世界を楽しんでほしい。
前期:7月6日(土)~8月4日(日)/後期:8月7日(水)~9月16日(月・祝)

開催概要

  • 会期

    2019.07.062019.09.16
  • 会場

  • 観覧料金

    高校生以上400円(320円)、中学生以下無料

    ※( )内は前売り、高浜市内居住者、20名以上の団体料金
    ※ 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
    ※碧南市藤井達吉現代美術館「空間に線を引く―彫刻とデッサン展」(8月10日(土)~9月23日(月・祝))のチケット提示で観覧料が団体割引料金(高校生以上 320円)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、名古屋鉄道株式会社
  • 休館日

    月曜日、火曜日、7月17日、8月14日

    ※7月15日、8月12日、9月16日は開館

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る