愛知県

夏季特別展 合戦図―もののふたちの勇姿を描く―

古来、幾度の戦を経て、変革や安定を繰りかえしながら日本の歴史は紡がれてきた。これらの戦の様子は、様々な目的で中世より描かれ記録されている。本展覧会では中世合戦絵巻から戦国合戦図までを展観し、合戦図の多様性を示しながら、合戦図の果たした役割や意義を再考する。
合戦図は単なる記録画ではなく、武家の教育や自家の顕彰などの目的で描かれた。一方で、源平の合戦などは、物語化されて民衆まで広く享受されていく。合戦図の形態も絵巻だけではなく、屏風や掛軸、画帖や冊子など様々な形で親しまれた。このような合戦図の展開の中で、戦国という大乱の時代を描いた戦国合戦図が、どのように成立し、描かれたのかにスポットを当て、中世から脈々と描き継がれた合戦図の系譜を明らかにする。

開催概要

  • 会期

    2019.07.272019.09.08
  • 会場

    徳川美術館
    http://www.tokugawa-art-museum.jp/
    名古屋市東区徳川町1017
  • 観覧料金

    一般1400円、高大生700円、小中生500円

    ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
    ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    徳川美術館、名古屋市蓬左文庫、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(8月12日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る