京都府

ドレス・コード?――着る人たちのゲーム(京都展)

ファッション、そこには暗黙のルールや駆け引き、あるいはゲームにも似た自己と他者のコミュニケーションが存在する。歴史的にも、身体を保護するという機能的な意味での「着る」にとどまらず、ファッションは「視る/視られる」対象として、社会生活における自己と他者の関係性の構築に一定の役割を担ってきた。インターネットとSNSの普及によって、誰もが自らの日常の装いの実践を自由に発信できるようになった現在、私たちとファッションのかかわり方もまた新しい局面を迎えている。本展では、ファッションやアートのほか、映画やマンガなどに描かれたファッションも視野に入れながら、現代社会における〈ドレス・コード〉をめぐる、わたしたちの装いの実践=ゲームについて見つめ直す。
※本展は第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会にあわせて開催するものである。

開催概要

  • 会期

    2019.08.092019.10.14
  • 会場

    京都国立近代美術館
    http://www.momak.go.jp/
    京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
  • 観覧料金

    前売=一般1100円、大学生700円、高校生300円
    当日=一般1300円(1100円)、大学生900円(700円)、高校生500円(300円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるもの要提示)
    ※本料金でコレクション展も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立近代美術館、公益財団法人 京都服飾文化研究財団
  • 休館日

    月曜日(8月12日、9月16日、9月23日、10月14日は開館)、8月13日、9月17日、9月24日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金曜日・土曜日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る