京都府

企画展「龍谷の至宝-時空を超えたメッセージ-」

龍谷大学は、2019年に創立380周年を迎えた。1639年に本願寺の教育施設「学寮」として設立されて以来、同学には多くの貴重な学術資料が蓄積されてきた。中でも、本願寺歴代宗主の蔵書コレクション「写字台文庫」や20世紀初頭に本願寺が派遣した学術調査隊である大谷探検隊の将来品などは、世界に誇る貴重な資料であり、その学術的価値の高さは、まさに「至宝」と呼んでも過言ではない。
本展では、同学が所蔵するさまざまな分野の学術資料を一堂に会し、龍谷大学の歴史と所蔵学術資料の多様性を紹介。
また、シリーズ展5では、仏教の生まれたインドから日本に至るまでの仏教の2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧する。

開催概要

  • 会期

    2019.07.132019.09.11
  • 会場

    龍谷ミュージアム
    http://museum.ryukoku.ac.jp/
    京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
  • 観覧料金

    一般500(400)円、シニア・大学生400(300)円、高校生300(200)円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※シニアは65歳以上
    ※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方およびその介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月2日、9月9日は開館)、7月16日、8月13日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る