大阪府

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション -初期浮世絵から北斎・広重まで(大阪展)

アメリカ・オハイオ州にあるオーバリン大学のアレン・メモリアル美術館には、アメリカ人女性メアリー・エインズワースが寄贈した1500点以上の浮世絵版画が所蔵されている。同コレクションは、明治39年(1906)、エインズワースの来日を契機に始められたもので、初期から幕末まで、浮世絵の歴史を辿ることができる上、有名浮世絵師の名品を含む優れた内容となっている。特に世界でも稀少な初期の浮世絵版画や、葛飾北斎、歌川広重の作品は質・量共に最も注目されるだろう。
2019年全国3カ所を巡回する本展覧会は、メアリー・エインズワース浮世絵コレクションから珠玉の200点を選りすぐり紹介する、初めての里帰り展である。

開催概要

  • 会期

    2019.08.102019.09.29
  • 会場

    大阪市立美術館
    http://www.osaka-art-museum.jp/
    大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内
  • 観覧料金

    一般1400円(1200円)、高大生1000円(800円)

    ※( )内は、前売および20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
    ※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    大阪市立美術館、毎日新聞社、MBS
  • 休館日

    月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし、8月13日(火)は開館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

東北歴史博物館開館20周年・宮城県多賀城跡調査研究所設立50周年記念特別展「蝦夷-古代エミシと律令国家-」

「東夷の中に日高見国有り。(略)人となり,勇悍(ゆうかん)なり。是れを総じて蝦夷と曰ふ」(『日本書紀』)。 1,300年ほど昔、古代東北の地には律令国家の支配に属さない「蝦夷(エミシ)」と呼ばれた人々が暮らしていた。律令

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る