兵庫県

夏休み特別企画「神戸の暮らしを“デザイン”する」展

小磯良平が手がけたグラフィックアートの魅力を紹介する展覧会。小磯良平(1903~1988年)は洋画家として精力的に活動する一方で、新聞連載小説のための挿絵制作や「神戸みなとの祭」や1950年の「神戸博」のポスター、様々な公共施設の舞台の緞帳デザインなどを手がけた。こうした仕事の中で生まれた作品には小磯が地元である神戸に暮らして目にした文化や生活の香りが漂い、当時の様子を生き生きと伝えてくれる。
本展では、小磯作品を中心に、神戸の暮らしを“デザイン”したグラフィックアートについて、原画やポスター、パンフレットなどの資料を通して紹介。あわせて当時の写真や映像を展示し、小磯をとりまいていた神戸の文化や暮らしの実像を探る。生活に溶け込んだ多彩な芸術家の仕事から、当時の神戸のハイカラな空気を感じ取ってほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.07.132019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円(600円)、大学生400円(200円)

    ※( )内は30名以上の団体料金
    ※高校生以下は無料(学生証、生徒手帳などを持参ください)
    ※神戸市在住の65歳以上の方は400円(住所と年齢が証明できるものを持参ください)
    ※障がい者手帳など持参の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    神戸市立小磯記念美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日、8月13日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る