滋賀県

名刀は語る 美しき鑑賞の歴史

日本刀は、古来災いや邪気を払う霊器として神聖視され、武士にとっては、武器であるとともに精神的支柱であり、日本人の精神文化に大きな影響を与えてきた。また、日本刀は、優美な姿、千変万化する刃文など、その見所は多彩であり、日本を代表する美術品として、国内を問わず世界でも高い評価を得ている。
名刀が美しい輝きを放っているのは、鍛刀されてから今日に至るまでの数百年の間、絶えず日本刀を慈しみ、守り、そして、磨き続けてきた人々がいたから。この間、名刀は多くの人の手に渡り、それにふさわしい多くの物語が生まれた。名刀を持つことで、それに相応しい己になるべく自己を「磨く」人々がいたのだ。
本展では、日本有数の刀剣コレクションを誇る佐野美術館の収蔵品より、平安時代から江戸時代にかけての国宝・重要文化財を含む太刀や刀をはじめ、鐔・拵といった刀装具など名品の数々を展示する。約千年にわたる日本刀の歴史を通じて、日本人が培ってきた美意識や文化をぜひご覧いただきたい。

開催概要

  • 会期

    2019.07.102019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000(800)円、高大生600(400)円

    ※専門学校・専修学校は大学に準じて適用
    ※中学生以下は無料(保護者要同伴)
    ※障害者手帳提示でご本人様と付添者1名まで無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人佐川美術館、NHK大津放送局、NHKプラネット近畿
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館)、7月16日、9月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る