大阪府

特別展「仏像 中国・日本」

重要文化財「木造 十一面観音菩薩立像」 平安時代 (9世紀)  大阪・長圓寺

日本には、いつの時代にも中国で作られた多くの仏像や仏画が舶載され、日本の仏像の姿に大きな影響を与えてきた。本展では、「古代の人物表現 戦国~漢時代」を踏まえ、「仏像の出現とそのひろがり」、「遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、「禅宗の到来と“宋風”彫刻」そして「新たな仏教・キリスト教との出会い」の各章を通して、中国南北朝時代から明・清時代にいたる仏像の移り変わりを、関連する日本の仏像と共に紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.122019.12.08
  • 会場

    大阪市立美術館
    http://www.osaka-art-museum.jp/
    大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内
  • 観覧料金

    当日=一般1400円、高大生1100円
    前売・団体=一般1200円、高大生900円

    ※前売は8月10日(土)~10月11日(金)まで主要プレイガイドなどで販売
    ※団体は20名以上
    ※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1人を含む)は無料(要証明)※特典付き前売り券などチケットの詳細は展覧会ホームページで確認ください

    ◆トークイベント

    1019日(土)午後2時~午後330

    テーマ「めくるめく中国のほとけさま」

    出演者:橋本麻里氏(美術ライター・永青文庫副館長)、齋藤龍一(大阪市立美術館主任学芸員)
    定員:150
    会場:美術館一階講演会室

    申込方法:聴講券が必要です。チケットぴあ・ローソンチケット・セブンチケット・イープラス・CNプレイガイドより購入してください。

    ※販売期間=810日(土)から販売開始。
    ※販売価格=1,400円(観覧料を含む。一般のみ)
    ※ポストカード2枚がセットになっています。
    ※チケットの購入時に手数料がかかる場合があります。

     

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    大阪市立美術館、読売新聞社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿
  • 休館日

    月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る