千葉県

没後60年記念 北大路魯山人 古典復興ー現代陶芸をひらくー

京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動していた。1915(大正4)年に初めて作陶を体験し、30代終わりの22年、生来の食に対する関心から「料理の着物」としてのやきものの制作に向かう。それは単なる食器づくりではなかった。彼は中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とするわが国の伝統に触れ、一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となった。その活動はまさに「『美』を食す人」と形容できるものだ。かつて中国大陸や朝鮮半島からもたらされ日本人によって守り伝えられたやきもの、日本で生み出された素朴なやきものからあざやかな色絵まで、長い年月をかけてこの国に積み重ねられたやきもののさまざまな美をすくい上げた魯山人の制作はともすれば生前から好悪さまざまな評価にさらされたが、絶えず同時代の陶芸家たちを触発した。彼が生涯にわたって世に送り出したやきものは膨大な点数にのぼる。
本展覧会では北大路魯山人ゆかりの名料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、川喜田半泥子(1878-1963)、石黒宗麿(1893-1968)、荒川豊蔵(1894-1985)から八木一夫(1918-1979)にいたる同時代の陶芸家たちの作品に加え、彼らが学んだ中国大陸、朝鮮半島そして日本の古陶磁もあわせて展示し、昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を見つめる。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.07.022019.08.25
  • 会場

    千葉市美術館
    http://www.ccma-net.jp/
    千葉市中央区中央3-10-8
  • 観覧料金

    一般1200円(960円)、大学生700円(560円)、高校生以下無料

    ※ごひいき割引:本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料2割引
    ※(  )は前売、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
    ※観覧料の減免を希望される方は、証明できる身分証・シルバーカード・手帳等をお持ちください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    千葉市美術館、東京新聞
  • 休館日

    8月5日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

青木野枝「霧と山」展

青木野枝は鉄を円や細片に溶断し、それらを場に合わせて溶接し作品に仕上げる彫刻家。鉄をまるで重力から開放させたような軽やかで有機的に拡張させた作品は、自然や生命の循環を連想させ、鉄片に囲まれた空間を作品の一部のように感じさ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る