東京都

ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容

本展では、ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、大英博物館、スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、フランス、イギリスを代表する20館以上の美術館の協力のもと、フランス絵画の最も偉大で華やかな3世紀、すなわち17世紀の古典主義から18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでの壮大なフランス絵画の流れをたどり、ヨーロッパ絵画の規範の確立と絵画芸術の自律的な確信をもたらした不断の芸術思潮とその源流を回顧する。
また、東京富士美術館では、開館以来、フランス絵画の収集に力を注ぎ、17世紀から19世紀の重要なコレクションを形成してきた。本展ではそれらの代表作も出品する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.052020.01.19
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300(1000)円、大高生800(700)円、小中学生400(300)円、未就学児無料

    ※新館常設展示室も観覧可
    ※土曜日は小中学生無料
    ※( )内は各種割引料金(20名以上の団体・65歳以上の方・同館メルマガ登録者ほか)
    ※障がい児者、付添者1名は半額(証明書を要提示)
    ※誕生日当日に来館された方は本人のみ無料(証明書を要提示、休館日適用不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京富士美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「仏像 中国・日本」

日本には、いつの時代にも中国で作られた多くの仏像や仏画が舶載され、日本の仏像の姿に大きな影響を与えてきた。本展では、「古代の人物表現 戦国~漢時代」を踏まえ、「仏像の出現とそのひろがり」、「遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る