大阪府

青と赤の煌めき 美術工芸品を彩る色の世界

青色と赤色、みなさんはどんなイメージを持っているだろうか?冷静な青、情熱の赤、澄み渡る青空、燃えさかる赤など、あらゆる場面において対比して採りあげられることの多いこの二つの色。絵画では人物が身にまとう衣装に意味をもたせるために使われたり、やきものでは器面の模様を華やかに彩る顔料・染料として用いられている。
青と赤、先に「色」として注目を集めたのは赤だったと言われている。最古の壁画や土器、時には身を彩る色として世界各地で用いられた。しかも赤い色には不思議な力があると考えられたのだろうか。神様の像やお供えを入れる祭器などにも赤い色が用いられた例が多くある。
青色は、ラピスラズリやトルコ石、日本では翡翠などの青い石が尊ばれ、石そのものが神像に用いられたり、首飾りなどの装身具として加工され、護符のように身につけることも多くあった。また青磁や瑠璃色の鉢などが産み出されたのも、青空や星が瞬く夜空など、美しい青色への憧れかもしれない。このように、赤と青、どちらにも不思議な力や魅力を古来より感じ、その思いを形にしてきたことがわかる。
この展覧会では、青と赤、それぞれの色が持つ「色の力」や「神秘的な魅力」を、絵画ややきものなどを通して紹介。時を超えて愛でられる、青と赤の世界に案内する。

開催概要

  • 会期

    2019.07.062019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般 700円、高大生 500円、小中学生以下無料、シニア(65歳以上)500円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人阪急文化財団
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日、8月13日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る