奈良県

特別陳列 法徳寺の仏像ー近代を旅した仏たちー

法徳寺(ほうとくじ)は、奈良市十輪院町に位置する融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)の寺院。本尊は平安時代後期にさかのぼる阿弥陀如来立像だが、本展で注目するのは近年この寺に寄進された約30軀(く)の仏像。これらは、かつてひとりの実業家が収集した仏像で、南都伝来あるいはそうと推測される作品が少なくない。興福寺(こうふくじ)に伝来したとされる、いわゆる興福寺千体仏20軀をはじめ、明治39年(1906)に興福寺の境内(けいだい)で撮影された古写真(同寺蔵)のなかに姿が見出される地蔵菩薩立像(じぞうぼさつりゅうぞう)、さらに鎌倉時代以降、南都を中心に広まりをみせた、いわゆる五髻(ごけい)文殊の優品である文殊菩薩坐像(もんじゅぼさつざぞう)など、個性豊かな像を多くふくんでいる。
法徳寺の仏像群は、これまでその存在さえ認知されていなかった、いわば知られざる仏たち。本展では、これら諸像を広く紹介するとともに、X線CTスキャン調査をはじめとした最新の調査成果もふまえて、その魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.07.132019.09.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般520円、大学生260円、団体一般410円、大学生210円

    ※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
    ※団体料金は20名以上
    ※高校生以下および18歳未満の方と一緒に観覧される方は、団体料金を適用[親子割引]
    ※開館時間延長日の午後5時以降に観覧される方は、団体料金を適用[レイト割引]
    ※この観覧料金で、同時開催の特別陳列「法徳寺の仏像」(西新館)、名品展「珠玉の仏教美術」(西新館)・「珠玉の仏たち」(なら仏像館)・中国古代青銅器[坂本コレクション](青銅器館)も観覧可
    ※9月1日(日)は関西文化の日プラスのため入館は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    奈良国立博物館、法徳寺
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月5日、12日は開館)、7月16日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※金曜・土曜は20:00まで ※8月5日(月)~8月8日(木)、11日(日・祝)~8月15日(木)は19:00まで ※8月9日(金)、8月10日(土)は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る