香川県

宮永愛子:漕法

日本の現代美術の次代を担う宮永愛子による、四国初の大規模個展を開催。
常温で昇華するナフタリンなどを素材に「変わりながらも存在し続ける世界」を表現する現代アーティスト・宮永愛子。近年国際的に大きな注目を集める彼女は、瀬戸内国際芸術祭2019の出品作家としても選出されている。
本展では、瀬戸内の景色やそこで暮らしてきた人々が積み重ねる時間をテーマに、澄んだ音色を奏でる讃岐名石「サヌカイト」を素材とする新作インスタレーション、代表的なシリーズである《手紙》や《life》などを展示する。
宮永は、不断に変化する世界と向き合う私たち一人ひとりを、海に浮かび旅する一艘の舟に重ねる。展覧会タイトル「漕法(そうほう)」とは舟を漕ぐ方法を意味する言葉。果てしない年月のなか、私たちを取り巻く島々は揺らぎながら変化を続ける。そして、私たちもまた日々を紡ぎ、懸命に世代を重ねていくことで景色を少しずつ変えていくのだ。
海の結ぶ景色や時間の痕跡を想起させる、宮永独自の世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.07.172019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般(65歳以上も含む)1000円(800円)、大学生500円(400円)、高校生以下無料

    ※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高松市美術館
  • 休館日

    月曜日(8月12日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜19:00 ※日曜日は17:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る