福岡県

作家がつくる ゆめの国たまて箱展

今年で4回目となる夏休み特別企画展。今年のテーマは「玉手箱」。
「たのしいげいじゅつ」をテーマに筑豊を拠点に活動を続ける現代アート作家そのだ正治とその仲間たちと同館でつくり上げられる本展では、作品はもちろん撮影スポットなどもご用意しており、小さなお子さまから大人まで一緒に楽しめる、いつもとは違った展覧会を楽しむことができる。
会期中には、美術館前庭にて作家によるオリジナルグッズが並ぶ「クリエーターズマーケットvol.4」も同時開催。

開催概要

  • 会期

    2019.08.012019.08.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般300円(200円)、高大生100円(80円)、中学生以下無料

    ※( )は20名以上の団体料金、田川市在住の方は、身分証明書提示で該当割引
    ※土曜日は高校生以下無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方、およびその介助者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    田川市美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合はその翌日)

  • 開館時間

    09:30〜18:30 ※金曜日は20:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

宮永愛子:漕法

日本の現代美術の次代を担う宮永愛子による、四国初の大規模個展を開催。 常温で昇華するナフタリンなどを素材に「変わりながらも存在し続ける世界」を表現する現代アーティスト・宮永愛子。近年国際的に大きな注目を集める彼女は、瀬戸

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る