鹿児島県

青木野枝「霧と山」展

公式サイト

青木野枝は鉄を円や細片に溶断し、それらを場に合わせて溶接し作品に仕上げる彫刻家。鉄をまるで重力から開放させたような軽やかで有機的に拡張させた作品は、自然や生命の循環を連想させ、鉄片に囲まれた空間を作品の一部のように感じさせる。
本展は鉄による新作を中心に構成され、霧島の自然を象徴する「霧」と「山」をテーマに展示空間すべてが連鎖した状態を作り、日常とは異なった世界を味わうものとなる。民俗学や文化人類学に関心を持ち、実際に見て感じることを大切にしてきた青木が希求する「普遍の美」の世界を体感してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.07.262019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(300)円

    ※(  )内は20人以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    鹿児島県文化振興財団、南日本新聞社、KTS鹿児島テレビ
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日休園)

    ※8月13日は臨時開園

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※7月27日〜8月31日の土・日・祝日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

日本フィンランド外交関係樹立100周年記念特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」(大阪展)

フィンランド陶芸の萌芽として、19世紀末のアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受け、アイリス工房に参加したアルフレッド・ウィリアム・フィンチ(1854-1930)などによる活躍が挙げられる。1930年代後半からのフィンラ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る