京都府

京都市美術館所蔵品展 動物パラダイス

京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つである。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都における文化施設の中核的な存在として京都市民から愛されている。
本展覧会では2020年3月21日のリニューアルオープンに向け、現在再整備工事中である京都市美術館の所蔵品から選りすぐりの名品を紹介。第1回目は、2018年1月に「きもの美人」、第2回目は、2019年1月に「花鳥風月」をテーマに開催。シリーズ最後の第3回展では、「動物パラダイス」をテーマに日本画、洋画、工芸作品46点を展示する。オープンまでの間、京都市美術館の名品を堪能できる貴重なこの機会に、竹内栖鳳、(六代)清水六兵衞、山口華楊、木島櫻谷、今尾景年、皆川月華らが表現した愛らしい動物たちの作品群を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.08.292019.09.16
  • 会場

    美術館「えき」KYOTO
    http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
    京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
  • 観覧料金

    一般900円(700円)、高大生700円(500円)、小中学生500円(300円)

    ※(  )内は前売および「障害者手帳」提示の本人と同伴者1名料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    美術館「えき」KYOTO、京都市、京都新聞
  • 休館日

    会期中無休

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入館は閉館の30分前まで ※百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合あり
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

宋磁―神秘のやきもの

中国・宋代の陶磁器は宋磁と呼ばれ、陶磁史上、美の頂点に達したとも評される。龍泉窯、景徳鎮、定窯などは、青磁・白磁などの単色の釉薬や、シンプルかつ研ぎ澄まされたフォルムが美しく、その造形感覚は神秘的な雰囲気を放つ。一方で磁

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る