福岡県

日本画の革命児 堂本印象 1891-1975(福岡展)

公式サイト

京都に生まれ、戦前戦後の日本画壇に大きな足跡を残した堂本印象(1891-1975)。西陣織の図案家を経て、京都市立絵画専門学校(現 京都市立芸術大学)で学んだ印象は、在学中の1919年に第1回帝展に初入選した。《木華開耶媛》(1929年)をはじめ、古典や仏教を主題にした話題作を続々と発表し、1921年の第3回帝展にて特選、1925年には帝国美術院賞を受賞するなど、一躍画壇の花形となった。
戦後は、それまでの写生を基調とした画風から一転し、都会の人間群像を描いた《メトロ》(1953年)などの社会風俗画を発表し、1955年以降は日本画での抽象表現に取り組む。その画風の変遷は世間を驚かせた。1961年には文化勲章を受章し、日本画壇に不動の地位を確立。
本展では、京都府立堂本印象美術館の珠玉のコレクションから、伝統に学びながらも常に新たな表現に挑み続けた堂本印象の多彩な画業の全貌を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.06.292019.08.18
  • 会場

    北九州市立美術館本館
    http://www.kmma.jp/honkan/
    北九州市戸畑区西鞘ケ谷町21-1
  • 観覧料金

    一般1200(1000)円、高大生800(600)円、小中生600(400)円

    ※(  )内は前売料金および20名以上の団体料金
    ※障害者手帳を提示の方は無料
    ※北九州市在住の65歳以上の方は2割減免(公的機関発行の証明書等の提示が必要)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    堂本印象展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社)
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る