徳島県

「美人画の雪月花-四季とくらし 培広庵コレクションを中心に」展(徳島展)

日本の伝統的な絵画のモチーフのひとつ「美人画」の世界を、国内屈指の近代美人画コレクションとして知られる「培広庵コレクション」に、当館の所蔵作品を加えて展覧する。
「美人画」が最も輝きを放った大正、昭和初期を中心に、優美な作品で美人画をリードした東の鏑木清方、西の上村松園をはじめ、伊藤深水、北野恒富、紺谷光俊らの作品を、「四季 – 春夏秋冬」、「芸事・踊り」、「個性的な表現へ – 人間を見つめる」、「物語・歴史など」の4コーナーで紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.07.202019.09.01
  • 会場

    徳島県立近代美術館
    http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
    徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内
  • 観覧料金

    一般1000(800)円、高校生500(400)円、中学生以下無料

    ※( )内は前売り券及び、20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料
    ※和装(着物、浴衣、阿波踊り衣装など)の方は前売料金で観覧可
    ※当展の観覧料で所蔵作品展も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    培広庵コレクション展実行委員会、徳島県教育委員会、徳島新聞社
  • 休館日

    月曜日

    ※徳島市阿波踊り期間(8月12日~8月15日)は無休

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る