奈良県

石内都「布の来歴-ひろしまから」

公式サイト

衣服は現在では消耗品となったが、以前は親から子へ、子から孫へと受け継がれていた。兄や姉のお下がりを着る子供や、母が着物や衣類を子供のために別の衣類に仕立て直す等よく見かけるものだった。そういった「布」の中には親族の愛用品として大切に保管されたものや、歴史の証言者として主を失ったものも少なくない。
人の手を通して紡がれた「布」は長い年月を人と共に過ごすことで時を紡いで来たといえるだろう。人の世は時間や世代で大きく様変わりするが、布が紡いだ時は変わることなく遺されていくことだろう。
本展は『布の来歴』と題し、国内外で高く評価され精力的に活躍する写真家・石内都の展覧会を開催する。カメラを通して見る文様の美しさや透明感、ほころびやシミなどから、それぞれの布が紡いだ時が読み取れるのではないだろうか。

開催概要

  • 会期

    2019.06.222019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、高校・大学生200円、小中学生100円

    ※高校生、小中学生は土曜日無料
    ※奈良市在住の70歳以上の方は無料
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳)とその介護者は無料
    ※団体(20名以上)は2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(休日の場合は最も近い平日)、休日の翌日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る