大阪府

ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち(大阪展)

19世紀末フランスに花開いた象徴主義の巨匠、ギュスターヴ・モロー(1826-1898)は、神話や聖書をテーマにした魅惑的な女性像で知られる。なかでも、新約聖書などに伝わる「サロメ」を描いた作品は、世紀末ファム・ファタル(宿命の女性)のイメージ形成に影響を与えた。
本展ではパリのモロー美術館の全面協力のもと、身近な女性たちからファム・ファタルまで、モローの多様な女性像を紹介し、その創造の原点に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.07.132019.09.23
  • 会場

    あべのハルカス美術館
    http://www.aham.jp/
    大阪市阿倍野区 阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
  • 観覧料金

    前売・団体=一般1300円、大学・高校生900円、中学・小学生300円
    当日=一般1500円、大学・高校生1100円、中学・小学生500円

    ※団体は15名様以上
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターでご購入されたご本人と付き添いの方1名まで当日料金の半額
    ※本展観覧券(半券可)の提示で、特別展「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション一初期浮世絵から北斎・広重まで」[2019年8月10日(土)~9月29日(日)、大阪市立美術館]の当日券を100円引きで購入できます(1枚につきお一人様1回限り有効、ほかの割引券と併用不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    あべのハルカス美術館、読売新聞社、読売テレビ
  • 休館日

    7月22日、7月29日、8月5日

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※月曜・土曜・日曜・祝日は18:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る