愛知県

特別展 スヌーピーミュージアム展(愛知展)

アメリカの新聞連載コミック「ピーナッツ」の魅力を、原作者シュルツ氏の美術館が所蔵する貴重な原画作品やスケッチなどによって紹介する。
コミック「ピーナッツ」の作者チャールズ・M・シュルツは、約50年にわたって新聞連載を描き続けた。そこにはスヌーピーと個性豊かなアメリカの子どもたちが登場する。本展は、期間限定で東京・六本木に開館し、昨秋に終了した「スヌーピーミュージアム」の全5回の展覧会の魅力をぎゅっと凝縮した、特別な機会。スヌーピーファンの聖地として知られるアメリカ・サンタローザのシュルツ美術館が所蔵する、貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージ・グッズなど約200点から、20世紀後半のアメリカ文化にふれてほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.06.222019.09.01
  • 会場

    名古屋市博物館
    http://www.museum.city.nagoya.jp/
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  • 観覧料金

    一般1300円(1100円)、高大生900円(700円)、小中生500円(300円)

    ※ ( )内は前売および20名以上の団体料金
    ※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用して来館された方は100円割引
    ※障害のある方または難病患者の方は、手帳または受給者証のご提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額
    ※各種割引は重複不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市博物館、中日新聞社、東海テレビ放送
  • 休館日

    月曜日(祝日にあたるときはその直後の平日、8月13日は特別開館)、第4火曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

不思議の国のアリス展(長野展)

『不思議の国のアリス』は、初めて出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語だ。すでに170を超える言語に翻訳され、発行部数は1億部とも言われる世界的ベストセラーになっている。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る