静岡県

第19回共同巡回展「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地 -府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」(静岡・掛川展)

大胆な色使い、強烈なデフォルメや抽象化などの効果により、痛快で思わずクスッと笑ってしまう作品や、鋭い視点にハッとさせられる作品、怖いのに可愛い、真面目なのに抜けている不思議な作品など、「可愛らしさ」や「おかしみ」を感じる「創作版画」の名作がやってくる。
「創作版画」とは、描いたイメージを自分で版に彫り、自分で紙に摺った版画作品のことで、1904(明治37)年、美術文芸雑誌『明星』に掲載された、山本鼎の《漁夫》によって始まった。
今回は、府中市美術館所蔵の川上澄生・谷中安規・前川千帆・浅野竹二など、日本の創作版画を牽引した作家の木版画、約100点(約30作家)を紹介する。
また上田地域にまつわる版画として、坂城町にある「森工房」で制作された世界最大級のリトグラフ「大版画」や、かつて上田の地で隆盛を極めた「蚕糸業」に関する版画作品にも焦点を当てる。
本展では、作品を年代や作家ではなく、純粋なイメージに沿って展示。直感的に楽しめる創作版画から、地域の多様な版画作品まで、遊園地を楽しむように観てもらおう!というのがこの展覧会のねらい。自由で楽しい版画の世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.07.202019.09.01
  • 会場

  • 観覧料金

    大人200円(160円)

    ※()内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者福祉手帳を所持する方とその介護者1名は無料
    ※その他割引、セット券等あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    (公財)掛川市生涯学習振興公社、掛川市、第19回共同巡回展実行委員会
  • 休館日

    7月29日、8月5日、8月26日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る