神奈川県

妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ

妖怪は、古代から科学では説明できない現象を引き起こし、人々に恐れられてきた存在。不可思議な現象だけでなく異形の存在もまた、妖怪になぞらえて伝えられている。長らく人智を超えた存在として認識されてきた妖怪だが、江戸時代以降は、鳥山石燕(とりやませきえん)による『画図百鬼夜行』に代表される出版物を通して、時にユーモラスな存在として人々に親しまれてきた。一方で、近代を迎え科学技術が発達すると、妖怪のような目に見えない存在よりも、人間そのものによって生みだされる欲望や恐怖が浮き彫りになっていく。明治時代には、日清戦争・日露戦争という二度の対外戦争によって、人間による所業の恐ろしさが強調されていった。
本展では、近世から近代にかけて人々が抱いた恐怖や畏怖の対象が、妖怪から人間――ファンタジー<異界>からリアル<現実>になっていく様子を、「妖怪」と「ヒト」の境界線に注目し、市民ミュージアムの多様な収蔵品約100点から辿る。

開催概要

  • 会期

    2019.07.062019.09.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般200円(160円)、学生・65歳以上150円(120円)、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市市民ミュージアム
  • 休館日

    月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日、8月13日、9月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※7月20日、7月27日、8月3日、8月10日、8月17日の土曜日は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る