東京都

アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー

「着物にチャレンジしたいけれど、ルールが難しそう」と敬遠している人も多いのでは?
しかし、本来着物とは、それほど厳密なルールに縛られるべきではなく、もっと自由に楽しんでいいもの。それを証明してくれるのが、戦前の抒情画だ。それらを見ると、着物の着方は決して一様ではなく、着る人の好みや個性を反映し、千差万別だったことがわかる。
もうひとつ現代人を悩ませるのが、コーディネート。本展ではスタリストの岩田ちえ子が、抒情画をアンティーク着物によって再現し、さらに同じ着物に違う帯や小物を合わせ、一枚の着物がとり合わせ方によって、異なる雰囲気に変貌する醍醐味を紹介。角度によって様相を変える万華鏡のように、着物も着付けやコーディネートによって変化する様を展示する。
※弥生美術館との合同企画展

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る