東京都

5億年後の生命体 河口洋一郎:beyond AI

「人類が存在しないかもしれない5億年後の未来を想像してみよう」
CGアーティストの草分けとして70年代から世界を舞台に活躍してきた河口洋一郎はそう言う。たんなる夢想ではない。ここに展示されている「5億年後の生命体」は、いずれも形の発生、成長、進化をプログラミングし、一定の法則のもとに数学的にシミュレートされたもの。生きものが辿った5億年の歴史に学び、5億年後の進化の姿を創造したものなのである。
眼に飛び込んでくるのは、時間軸に沿ってうねりゆく〝螺旋の渦〟だ。「渦を巻いていない宇宙に生きものはいない。生命のはじまりはぜんぶ渦なんだ」。そう語る河口は、自己増殖する「グロースモデル」を駆使して生命の誕生とエネルギーを表現しつづけてきた。
おなじように岡本太郎も生命の誕生とエネルギーを表現した作品を遺している。1970年の大阪万博の際に太陽の塔内部に設置した《生命の樹》だ。40億年にわたる〝生命の時間〟を造形化したものだが、そこに描かれた進化の歴史はクロマニョン人まで。5億年後のいのちを造形化しようとする河口さんの試みは、ある意味でこの《生命の樹》の続編といえるのかもしれない。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る